マンションのリフォーム費用の相場は?

Pocket


近年、中古マンションのリフォームが流行ってますね。

「我が家もリフォームを考えて、
業者に見積もりをお願いしたんだけど・・・。」

「安いのか高いのか、リフォームの相場が分からない!」

という風に思っていませんか?

そうです、普通はマンションのリフォームの相場なんて
知りませんよね。

最近、私の父がリフォームを検討した際も、
相場が分からなかったため、

見積もり費用が妥当なのかどうか判断できませんでした・・・。

そこで今回は、私が調べた
マンションリフォームにかかる費用の相場をご紹介します!

マンションリフォームの相場

住宅リフォーム推進協議会の調査結果によると、
マンションリフォームにかかる費用の平均は673.1万円となっています。

もちろん、リフォームにかかる費用は、

部屋の数や広さ、リフォームの箇所、グレードの高さなどによって
大きく変わります。

マンションリフォーム費用の図

出典:住宅リフォーム推進協議会の調査

上の図を見ると、
100万円以下が13.5%、1000万円超が18.9%、

となっています。

100万円と1000万円じゃエライ違いですよね。

リフォームといってもかかる費用はピンキリなので、
671万円という平均費用はあくまでも参考程度と考えた方がいいですね。

特に、マンションの築年数によって
リフォームの費用が変動する幅は大きくなります。

10年以内なら100万円以下の小規模なリフォームが多く、
20~30年超えなら300万円以上の中~大規模なリフォームが多くなるんです。

築年が古ければ古いほど、経年劣化といって、
見た目的にも機能的にも問題が発生するもので、

必然的にリフォームすべき箇所が増え、
大規模なリフォームとなり費用が多くかかるのです。

ともあれ、マンションリフォームにかかる平均費用は
これで分かりました。

次は、フルリフォームする場合と部分リフォームする場合、
それぞれ費用がどの位かかるのか少し細かく見てみましょう。

Sponsored Link

フルリフォームの相場

キッチン、トイレ、お風呂、洗面所、床、壁、天井、ドアなど、
内装や設備、ほぼ全てリフォームすることを

フルリフォーム(スケルトンリフォーム)といいます。

マンションをフルリフォームする場合の相場は、
一般的な3LDKのファミリータイプなら800万円前後です。

「800万とか、高い!」

と思いましたか?

でも、これはあくまで目安です。

70平米3LDKを400万円でフルリフォームした
という例もあります。

マンションリフォーム2

部分リフォームの相場

フルリフォームの相場が分かると、どこの箇所にいくらくらいかかるのか、
ということも知りたくなりませんか?

フルリフォームか部分リフォームか問わず、
リフォームの見積もりを考える際、

部屋の各箇所にどのくらいの費用がかかるのか、ということを
知っておくと非常に参考になります。

以下は、代表的な部分リフォームついての相場です。

Sponsored Link

水まわり

  • ユニットバスを交換:45万~220万
    上記は1坪タイプの価格。本体価格は40~200万程度、
    取り付け費用が5~20万程度となる。
  • 浴槽を交換:26~90万
    浴槽本体は6~30万程度。工事費は20~60万程度。
    床や壁のタイル、天井を張り替えると1坪タイプで50万程度。
  • システムキッチンを交換:60~320万
    I型の手頃なタイプは40万程度から。
    アイランドタイプやL型、グレードの高いものは数百万程度。
    既存キッチンの撤去、新キッチンの取り付けは20~60万程度。
  • 食器洗浄機の設置:17~25万
    システムキッチンに内蔵するビルトインタイプの場合、
    本体価格は15~22万程度。取り付け費用として2~3万程度。
  • 便器を交換:7~20万
    便器本体は4万程度。工事費は、
    洋式→洋式の場合は3~4万程度、和式→洋式の場合は12万程度。
  • 便座を温水洗浄機能付きに:20~50万
    温水洗浄機能付きの便器に交換する場合、20~25万程度。工事費は別途。
    内装も変更するなら費用はアップする。
    既存のトイレに洗浄用便座を追加するだけなら7万円程度で十分。
  • 洗面化粧台を交換:10~30万
    配管の位置を変えず、内装の変更もせず、手頃な洗面化粧台に
    交換するだけなら工事費込みで10万程度から。シャワー、人造大理石など、
    グレードの高いものを選べば30万超えになる。

マンションリフォーム1

内装・建具

  • 内装を一新:20~32万
    上記は中級程度の素材で、6畳の洋室の天井、床、壁を
    張り替えた場合の価格。床面積60㎡で、水周り設備交換を含む内装を
    一新するパック商品なら240~270万程度。
  • 和室を洋室に変更:35~60万
    上記は6畳の場合の価格。段差を無くす、サッシを交換する
    などする場合、費用はアップする。
  • 床をフローリングへ:50~70万
    上記は床面積60㎡の全室を新しいフローリングにした場合の価格。
    幅木の交換をする場合は5~10万程度費用が加算される。
  • 床暖房を設置:25~50万
    上記は8畳間を電気式の床暖房にした場合。パネルのみの場合は25万程度、
    フローリング一体型の場合は30万程度から。
  • 襖・ドアを交換:2~15万
    中級品の場合、幅90cmの襖2枚で2~3万、室内ドアは10万。
    取り付け費は3000~5000円程度。
  • 押入れをクローゼットに変更:20~25万
    上記は高さ2300mm、幅1600mmの押入れの場合の価格。
    棚を取り付けると1万円程度加算。
  • コンセントを増設:3000~7500円
    内装張り替えと同時に行う場合、一か所で3000円程度。
    エアコン、電子レンジなどの専用コンセントは7500円程度。

まとめ

今回はマンションのリフォーム費用の相場について
ご紹介しましたが、いかがでしたか?

相場を調べてみると、安くでリフォームした場合(100万円以下)と、
高くでリフォームした場合(1000万円超)で、大きな差があることが分かります。

価格差という点で見れば、部分リフォームに比べ、
やっぱりフルリフォームは高くなります。

特にシステムキッチン・ユニットバスなどの設備は、
高級感のあるグレードを選ぶと費用が大幅に増加することが分かりました。

今回の記事は、マンションリフォームの見積もりの参考として、
お役にたてるのではないかと思います。

でも、見積もりを検討する際、
リフォーム費用の相場だけではちょっと情報不足です。

費用の安さだけ見るとトンデモナイ落とし穴にハマったりするんです。。

そこで次回は、
マンションリフォームの見積もりが妥当かどうか判断するコツ
をご紹介します!

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す



CAPTCHA