宵山の読み方と意味は?

Pocket


あなたは「宵山」の正しい読み方をご存知ですか?

本日は、多くの人にとって
馴染みのない単語「宵山」について解説します!

毎年7月、この時期になると「宵山」「山鉾」という単語の
検索回数が多くなるのです。

実は私もついこないだ、初めて知った単語だったので調べてみました。

宵山の読み方

ズバリ、宵山は「よいやま」と読みます!

・・・これだけでは何なので、
そもそも宵山とは何かについても軽くご紹介しようと思います。

せっかく読みが分かっても、それが何を意味するかも気になりますもんね!

Sponsored Link

宵山とは

広くは、本祭の前日に行われる祭りのことで、一般的には
京都の祇園祭の山鉾(やまぼこ)巡行の前夜に行われるお祭り
ことをいいます。

後ほど山鉾巡行についてもご紹介しますが、
祇園祭の中で、宵山は、山鉾巡行の次に観客動員数が多いそうです。

百聞は一見にしかず、参考になりそうな動画を探してみました。

賑やかで、夏の祭りの雰囲気が最高に演出されているのが、
動画でも十分伝わってきますよね!

宵山=山鉾巡行の前夜祭、と考えれば覚えやすいと思います。

祇園祭は7月で、宵山は7月16日だから皆さんこの時期に検索するようですね。

京都の祇園祭は有名ですが、宵山と一緒に
山鉾巡行についても調べる人が多いようなので
こちらも軽くご紹介します。

Sponsored Link

山鉾巡行とは

山鉾巡行とは祇園祭の行事の1つで、上記の通り、
前夜祭である宵山の本祭(7月17日)ということになります。

祇園祭の中では特に見どころがあり、観客動員数が最も多いお祭りです。

山鉾巡行は午前中から始まります。

祭りの間は歩行者天国も設けられ、宵山や山鉾巡行が、
いかに人気があり、賑わいを見せるお祭りかが伺えます。

歩行者天国の画像

山鉾とは

山鉾とは、台の上に山の形のした屋根のようなものを乗せて、
そこに長刀(なぎなた)鉾(鉾)などを立てた山車(だし)のことをいいます。

名前の由来を聞くと、そのまんまなので理解ですよね!

以下の動画の、人が乗れる神輿のようなものが山鉾です。

この動画のように山鉾が四条通~河原町通を巡行していくのです。


いかがでしたでしょうか。

宵山と合わせて、山鉾巡行は
最高の観光スポットといえるのではないでしょうか。

お祭り好きの方は特に必見ですね!

まとめ
  • 宵山は「よいやま」と読む。
  • 宵山は京都の祇園祭の内の1つで、
    山鉾(やまぼこ)巡行の前夜祭
  • 宵山は祇園祭の中で、山鉾巡行の次に
    人気がある
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す



CAPTCHA