ハムスターの寿命は?ギネス記録は何歳!?

Pocket


近年、人気上昇中の
エキゾチックアニマルといえばハムスター!

ハムスターは小さくて可愛らしく、
飼いやすい小動物ですが、

寿命が短めなのが大きな欠点と言われています。

そんなハムスターの最長寿のギネス記録は何歳なのか!

今回は、ハムスターの
平均寿命や長生きさせるコツも合わせてご紹介します!

ギネス記録

さっそく、本題ですが・・・

ハムスターの最長寿のギネス記録は、4.5歳です!

短いと感じましたか?

それとも、意外と長いと感じましたか?

この記録は、イギリスのタイン・アンド・ウィアのカレン・スミートンさんが
所有していたハムスター、ということになっています。

残念ながら種類までは書いておらず、
ゴールデンなのかジャンガリアンなのかは不明なんですが。。

Sponsored Link

実際の最長寿は・・・

↑の記録を見て、

「ウチのハムスター、もっと生きたんだけど!」
と思った人ももしかしたらいるかもしれません。

なぜなら、ネット上には4年生きた!5年生きた!
という人がごろごろいるからです!

また、とある飼育書には8年生きたハムスターもいる、
と書かれているものもあるそうで、

他にも5年だとか、6年だとか、飼育書にもよるようですね。

ただ、これらはすべて公式記録ではないため、
残念ながら真偽を確かめることができません(-_-;)

ギネス記録すら古い記録のようで、
あまり詳しく書かれていないので、結構怪しいものです。。

ヒトはもちろん、犬猫などの超メジャー動物ならともかく、
ハムスターに関してはギネス認定を目指す人が少ないからかもしれません。

とはいえ、ハムスターの寿命の最高記録に関して、

公式な記録として信頼性がある情報といえるものに限定するなら、
ギネスの4.5歳と考えて良いでしょう。

実際にはギネスなど意識せずに世界中でたくさんのハムスターが
飼われているわけですから、

5年生きた!という情報もまんざら嘘ではないと
考えても良いのではないでしょうか(・∀・)

次は、ハムスターの平均寿命について紹介します!

IMG_6370

平均寿命

これも飼育書によってまちまちですが、

ハムスターの平均寿命は、2年~2年半

といわれています。

種類によっても多少違いますが(ゴールデンなら2年~3年)、
基本的には大差はありません。

また、上記のギネス記録には

ハムスターの平均寿命は
18か月~24か月(1年半~2年)と書かれています。

おおまかに見ると2年前後、ですね!

ハムスターを長生きさせる6つのコツ

短命とはいえ、1年も一緒にいると少なからず情がわいてきます!

小さな命ですが、飼い主としては
少しでも長生きさせてあげたいと思いますよね!

そこで・・・

愛するハムちゃんを長生きさせる6つのコツを簡単にご紹介します!

ハムスターは野生下では捕食される側の動物なので、
なにごとにも非常に敏感です。

身体が小さく、病気にも弱いため、
とにかくストレスを与えないことが最も重要といえるでしょう。

では、ハムスターにとってストレスを感じにくい、
快適な環境をつくるにはどうすれば良いのか・・・。

いってみましょう!

Sponsored Link

①ケージ、床材、巣材、巣箱など

◆ケージ … 床が網になっているものは×。囲いの網をかじることもあるので、金網タイプは避けた方が無難です。近年、水槽や大き目のプラスチックケースが人気です。

◆床材、巣材 … ティッシュや綿は賛否ありますが、ほお袋にくっついたり、腸で詰まることがあると言われています。針葉樹のチップはアレルギーを起こす可能性がある点は有名。牧草など、先がとがっているものはケガの恐れがあります。意外かもしれませんが、床材として信頼性の高いものは新聞紙です(推奨する獣医も多い)。必要におうじてハムスターが自分で巣材も作るので、コスパ、安全性ともに優れています。

◆巣箱 … 衛生上の問題から、底が抜けているものが適切です。木製も悪くはありませんが、陶器はお手入れがカンタン!

②掃除の頻度

人間の感覚だと、キレイなことに越したことはない気もしますが、
掃除のしすぎは実はストレスの元になります。

ハムスターにとってニオイはとても重要な要素です。

掃除によってしょっちゅう自分のニオイが消されるようだと
そのたびにストレスに晒されることになるんです。

ハムスターの種類にもよりますが、
トイレを適切に覚えているなら・・・

  • トイレ素材を1~2日に一回交換
  • 週1で軽く床材を交換
  • 1か月に一回大掃除

という程度で十分です。

③多頭飼いは厳禁

多頭飼い自体はハムスターの性格の相性に気をつければ
不可能ではありませんが、

長生きに焦点を当てるなら複数飼いは避けた方が良いです。

基本的には一匹で生活する動物だからです。

時おり、複数飼いの方が長生きした、
という話を聞きますが、これは例外と考えておきましょう。

④夜行性

ハムスターは夜行性ですから、
深夜~早朝にかけて電気をつけっぱなし、というようなことをすると

生活リズムがおかしくなってしまうので注意が必要です。

エサやり、ケージのお手入れは夕方以降にしましょう。

⑤エサの質と量

市販されているハムスターのエサには色々ありますが、
基本は固いペレット一筋で十分です。

ひまわりの種は好物ですが、非常に栄養価が偏っているので
1~3日に一個くらいまでにしておきましょう。

生野菜などは食べますが、管理が難しい(傷みやすい)ので、
あまり世話をする暇がない人にはおすすめできません。

ハムスターは必要な分だけを食べるので、
ペレットは多めに常備しておくと良いのですが、

肥満体質のハムスターは食べ過ぎになるので、毎日決まった量だけやるようにします。

お水は毎日交換しましょう。

IMG_6372

⑥かかりつけの病院を探しておく

近年、私たち人間の平均寿命が延びていますよね。

その理由として、良質な食生活の恩恵もありますが、
なにより医療の進歩による貢献が大きいです。

進行ガンなどの大病はともかく、病院で適切な処置を受けていれば、
死なずに長生きできるような病気もたくさんあります。

これは、ハムスターにも同じことが言えます。

ハムスターは特に病気に弱いので、治すのが難しい場合もありますが、
獣医さんに診てもらえば助かる場合も少なくありません。

気を付けなければならないことは、
病気になってから病院を探すというのでは手遅れなことが多いということです。

身体が小さいので、徐々に体調が悪くなるというよりは、
一気に悪化して、死に至るまでが非常に早いのです。

ハムスターのようなエキゾチックアニマルを診られる病院は
まだまだ少ないので、予め見つけておくことが大切です!

まとめ

今回はハムスターの寿命のギネス記録と平均寿命、
長生きさせるコツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ギネス記録は4.5年でしたが、
もしかしたら5~6年生きるハムちゃんもいるかもしれません!

長生きさせるコツ、については簡単に紹介しましたが、
いずれも基本的な飼育法です。

ハムスターはストレスや病気に弱いといっても、
適切な飼育環境であればそうそう病気にかかる動物ではないのです。

ぜひ一度、飼育書やハム飼い達人のブログなどで、
正しいハムスターの飼育法を学んでください!

ではでは、楽しいハムライフを(^-^)

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す



CAPTCHA