ハムスターを購入する時期はいつ頃?必要なものや費用は?

Pocket


「ハムスターを飼うときに必要なものって何ですか?」

数年前、私がペットショップ店員を
していたときにこのことをよく聞かれましたね!

ハムスター自体も販売していたので、
お店でハムスターを購入された方には

用品や飼い方なども一緒に紹介をしていました♪

今日は、ハムスターを購入するときの
時期や必要なもの、費用について、

元ペットショップ店員の視点からご紹介していきます!

ハムスターを購入する時期はいつがいいの?

春か秋がおすすめです!

ペットショップから自宅への環境変化が
ハムスターにとってストレスになる上に、

気温差の激しい夏、秋では
さらにハムスターの体にも負担がかかってしまいます。

なるべく、ハムスターのストレス、負担を
少なくするという意味で気温が穏やかな春、秋を選ぶことが大事です♪

Sponsored Link

必要なものってなに?

主に、ハムスターを飼うケースやエサになりますが、
とりあえず、以下の8つのアイテムが必要不可欠になります。

  1. ケージ
  2. エサ
  3. 水入れ
  4. エサ入れ
  5. 床材
  6. 回し車
  7. 小屋・巣箱
  8. ヒーター

ではそれぞれを見ていきましょう!

1、ケージ

ケージの大きさは、

  • ゴールデンハムスター … 衣装ケースほどの大きさ
  • ジャンガリアン … 衣装ケース1/2ほどの大きさ

が理想と言われてます。

なので、加工ができ、置く場所も確保できるのであれば
衣装ケースを加工してケージにしてもいいですね♪

他にもプラケース、水槽、ワイヤーのケージもあるので、
それぞれの特長をご紹介します!

プラケース

値段も手頃で、軽いので掃除がしやすいのですが、
小屋などをいれると狭くなってしまうのが難点ですね。

水槽

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ハムスター 水槽】600ハムスター<HIGH>
価格:8990円(税込、送料別) (2017/6/6時点)

大きいサイズもあり、見ためもよく、丈夫なのですが、
重いので掃除がしにくいです。あとお値段も高めです。

ワイヤーケージ

通気性がよく、様々なデザインのものがありますが、

網部分をかじってしまったり、全面が網だと
登って落ちて怪我をする恐れがあります。

現在では様々なタイプのケージがあるので
自分の飼い方にあったものを選ぶようにしましょう!

注目のケージはコレ!

ケージで広くて、軽いのが欲しいと思っていたので
「これはいいなー!」と久しぶりに興奮してしまいました♪

お値段はしますが、衣装ケースを加工できない
自分にとっては夢のような商品です♪

ケージの外で遊ばせたい時のサークル

うちのジャンガリアンのケージは狭かったので、

これとは違うワイヤー式のサークルを使って遊ばせてましたが、
登ってしまうんですよね。

これならかなり登りづらいと思うのでもし、
「次買うときはこれだな!」と思ってます♪

ただ、これでも登ることはあるみたいなので
目は離さないようにしてくださいね!

2、エサ

まず、初めはハムスターを購入するペットショップで
食べていたものと同じものをあげます。

環境変化のストレスを緩和してくれますよ♪

エサを変更する場合は1週間くらい経ったら、
1ヶ月かけて徐々に新しいエサに変更していきます。

急に変えると食べないことがありますので注意しましょう!

おすすめのエサ

うちのジャンガリアンに使っていたエサです♪

ハムスターの病気に多い「癌」に効くと言われている
アガリスクがはいっているのが特長ですね。

私が気に入っている理由としては・・・。

ペットショップ店員のとき、色々なメーカーさんから
商品についてのセミナーを受けさせてもらった時の話です。

小動物メーカーさんの中でこのメーカーさんが、

専門的な内容と納得のいくアプローチで商品を作られていること、
どんな質問にもしっかり、誠意をもって詳しく答えてくれたことに

感心をしたのがポイントでした♪

3、飲み水ボトル(皿)

水入れにはボトルタイプとお皿タイプの二つがあり、
それぞれ長所、短所があるのでまとめてみました!

ボトルタイプ

■長所

  • 床材やフンなどが入らなくて衛生的
  • ハムスターが水に入るのを防げる

■短所

  • 飲み方を知らないハムスターには教えないといけない
  • 水漏れや水が出ないというトラブルがある
水槽・プラケースにも使えるタイプ

ワイヤーケージに使えるタイプ

お皿タイプ

■長所

  • ハムスターが飲みやすい
  • 水替えや掃除が楽
  • ケージの種類を選ばない
  • エサ入れとしても使える

■短所

  • 床材やフンが入りやすい
  • ハムスターが入って水に濡れやすい
  • 場所をとる
ケージの角にピッタリ入る食器

一応、これが使いやすいので載せましたが、正直、
ケージに入る大きさでハムスターが使いやすい高さの物であれば

何でもいいですよ!100均とかでもいいですね♪

素材も色々ありますが、おすすめは陶器!
プラスチックだとハムスターがかじってしまうので、

硬くて、重みのある、衛生的な陶器がおすすめです♪

それぞれの長所と短所を踏まえて、ぴったりの水いれを選びましょう!

4、エサ入れ

上記にも書きましたが、
お皿タイプの水いれを使ってるのであれば、

エサの時間にだけ水を捨て、エサを入れる。
エサがなくなったら水を入れるというやり方ができます。

うちのハムスターはこれで大丈夫でしたよ♪

ボトルタイプの水入れの方は、ほんとに何でもいいです!

ずっとケージの中に入れとくならかじっても大丈夫な陶器がいいですが、
それ以外ならハムスターがとりやすい高さの小さい器で大丈夫ですよ♪

5、床材

ハムスターを購入するお店で使っているものと
同じものがおすすめです♪

違うものを使いたいときは、

お店で使っていた床材を少しもらって、
それを混ぜるといいですよ♪

おすすめの床材

これも私がつかっていたものですが、
何よりもチップのようにフワフワしないので掃除が楽!というのが大きく、

またアレルギーも少ないのも魅力でしたね♪

6、回し車

回し車(ホイール)には、

立たせて使う「スタンド型」と、
ケージに取り付ける「取り付け型」があります。

スタンド型ホイール

取り付け型ホイール


ケージの種類によって、
「スタンド型」か「取り付け型」を決めて下さい。

また、こちらの「サイレントホイール」にすると
回し車のカラカラ音が防げますのでおすすめです♪

このシリーズにはサイズ違いが数種類ありますので、
ゴールデンには大きいサイズのものを選んであげましょう。

7、小屋・巣箱

ハムスターの小屋は体の2~3倍の広さが必要になります。

おすすめの小屋

これが、わたしの飼っていたジャンガリアンが使っていたものです!

上に別売りでお皿がつけられるので、
私は水いれ&エサ入れで使っていました♪

床材が入らなくて便利でしたよ!

また、うちのジャンガリアンは比較的大きかったので
この小屋で体の2倍くらいの大きさでした。

ジャンガリアンでも結構広めな小屋が必要になることもありますので、
余裕をもった大きさを選ぶといいですね♪

素材が木だとかじり木代わりにもなりますのでよりおすすめです♪

8、ヒーター

ヒーターは、冬場でなければ基本使うことがないのですが、
ハムスターは10℃を下回ると疑似冬眠してしまい、

仮死状態になってしまいます!

死へのリスクが非常に高いので
寒くなる前には必ず用意してください!

私がペットショップで勤務しているときに
お客さまからよくお聞きした事故がこの疑似冬眠でした。

命に関わることなので、ぜひヒーターの準備は事前にお願いします!

エアコンを常時つけて適温を保てるご家庭であれば、
ヒーターはなくても大丈夫です。

おすすめのヒーター

この敷くタイプが使い勝手がよくおすすめ♪

費用はどのくらいかかるの?

だいたい、ハムスターの値段等入れても、
1万円くらいが平均ですね。

ケージの種類によっては2~3万くらいするかもしれませんが、

今ではケージやその他の道具が揃った飼育セットもあり、
だいたい4000~9000円くらいであります。

初めて買う方にはおすすめですね♪

まとめ

今回は、ハムスターを飼う時の理想な時期や必要な物・費用について
ご紹介しましたが、いかがでしたか?

今ではネットで色々と見比べて吟味できるのでより、
自分にあった商品が見つかりやすいです!

どんなハムスターライフを送りたいのか、
事前に準備しておくと、とっても楽ですよ♪

では、まとめです!

■ハムスター購入時期

  • 気温変化の少ない春か秋がおすすめ

■必要な物

  • エサ・床材:
    ハムスターを購入するお店と同じものにする
  • ケージ:
    ゴールデンなら衣装ケース位の大きさ、
    ジャンガリアンならその半分位の大きさが必要
  • 水入れ:
    ケージと飼い方によってボトルタイプかお皿タイプにする
  • エサ入れ:
    水入れと飼い方によって選ぶ
  • 回し車:
    ケージの種類、ハムスターの種類によって
    スタンド型か取り付け型か選ぶ
  • 小屋・巣箱:
    体の2~3倍の大きさのものを選ぶ。木製だとかじり木がわりにもなる
  • ヒーター:
    冬眠で亡くなるケースもあるため、
    ケージの一部分に敷くタイプのものを寒くなる前に必ず用意する

■費用

  • 本体価格と必要な物を合わせて平均が1万円くらい
  • 初心者の方にはセット売りで4000~9000円の物もおすすめ

今ではネットが非常に普及して、
いろんな方のハムスターライフをみることもできますので、

自分がどんなハムスターとの生活をしたいか
ぜひ考えて準備をすると楽しいですよ♪

その際、ぜひ参考にしていただけたらとっても嬉しいです♪

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す



CAPTCHA